過去記事一覧

TOP

消費者金融及び銀行などの金融機関では消費者に対して融資するときに…

銀行及び消費者金融などの金融業者は消費者に対してお金を貸す際、「利息制限法」で定められた利息を超過しない範囲でお金を貸し付けをしなくてはいけません。この利息制限法で定められている上限は、融資金額によって違っていて、10万円以下の場合20パーセントまで、10万以上かつ100万円までの融資では18%、100万円以上の融資では15パーセント、が上限利息です。もし、この「利息制限法」で定められた利息よりも高い利率での契約で借入れしていることがわかった場合は、法によって定められている利息上限で改めて計算をして、過払い分については、返還請求を経ることによってきちんと返してもらうことが可能です。

過去記事一覧