過去記事一覧

TOP

かなり古い話ですが、消費者金融は「サラ金」と世間から呼ばれていました。

一昔前、世間では消費者金融のことを「サラ金」と呼んでいました。この「サラ金」というのは、サラリーマン金融という言葉の略で、消費者金融がサラリーマンを相手にしている金融業者、であるということから「サラ金」と言われていました。この頃は、高金利でお金を貸すという事実もあって、世間からすれば印象は悪いものでした。この時期のイメージを鮮明に持っている昭和の世代として見ると、当時とはまったく違う、近頃の消費者金融の変化には、ビックリされると思います。「銀行」と連携するようになり、世間からの信用度も前よりもアップしています。消費者が増え安定していったことで、金利に関しても銀行みたいな低金利を採用している消費者金融も少なくありません。そのうえ、審査も緩めで、即日融資もバッチリ扱ってくれるます。ですので、急ぎで借入れしたいときは、銀行よりも「消費者金融」のほうが頼りやすいかもしれないですね。

過去記事一覧